FC2ブログ

〜石川 遼選手を応援しています〜 悔しさを数えるたびに強くなれる! 夢が叶うその日のために… かすみそう

☆クアラルンプールゴルフ&CC ばびさんのコースガイド☆

1H PAR 4  401Y ランク7  平均スコア 4.058  バーディ(15%) ボギー以上(18%) ※ランク、平均スコア、打数構成比は、全て昨年度実績(以下のホールも同じ)

「KLGCC 西コース」のスターティングホールは、両サイドを木立に囲まれた美しいミドルホールです。
フロントナインのホールレイアウトは全て、真っ直ぐになっていますので、以下、ホールの形状については言及しません。

ところで、選手たちがティーショットを行う「フルバックのティーグラウンド」から見ると、左サイドに配置されている5つの小さなFWバンカーは、丁度、正面に見える事になります!
ホールガイドには、ティーショットを「右サイドのバンカー越え」で打てば、FWの平らなエリアに置けるので、そこがベストポジションだと云っています! 距離がないミドルホールなので、選手は第2打をショートアイアンで狙う事になります。

「細長い形状のガードバンカー」は左右に各1個、ベストポジションのFW右サイドから第2打を打つ場合は、バンカーがグリーンの前後に配置された形になります。
グリーンが横長の形状をしていますので、第2打は縦の距離感が大切になってきます。

現在の遼くんは、アイアンショットの切れが抜群ですし、75-100ヤードの距離はベタピンに来ていますので、大いにバーディが期待出来るホールだと思います。


2H PAR 4 444Y ランク5  平均スコア 4.087  バーディ(17%) ボギー以上(20%)

FWの後ろ半分からグリーンの奥にかけて左サイドに池が待ち構えている、FWがやや広めで「標準的な距離のミドルホール」です!
左サイドは、池まで木立が続いています。
右サイドは、手間に右傾斜した広大なラフエリアが存在しますが、プロには関係がないエリアです^^

基本的には、ティーショットはここも右のFWバンカー越えを狙う事になります。
但し、この場合は、やや爪先上がりのライになりますので、引っ掛けて「池ポチャ」を誘う、設計者の「罠」に気を付ける必要が有ります^^;

従って、ホールガイドにも記載されているとおり、ピンの位置によっては、ティーショットをどちらかのサイドに打ち分ける選手が多いでしょう!
ピンの位置が右の場合はFW左サイド、逆に、ピンの位置が左の場合はFW右サイドを狙う事がセオリーに成ります。
ですが、遼くんの場合は「池に入れない対策」として、シュラーナーズでも見られましたが、左サイドに池が有る場合でピンの位置が左の場合、敢えてFWの左サイドに置いて、そこから「フェイド系」のボールで攻める選択をしています。
これはとてもクレバーで、安全且つ効果的な作戦だと思います。
この場合は、ピンの右側のグリーンを捉える事になります。
バンカーは左右共に、ふたつ配置されていますが、小振りな右サイドのバンカーに入れたら、ピンの位置によっては厄介になります。

写真で見る限り、縦長のグリーンは受けているので、ピンより右手前のゾーンにボールが止まれば、よりバーディを取り易いでしょう!
このホールは、遼くんの場合、ドライバーで打つと左の池まで届くので、風の状態次第では有りますが他のクラブを持つかも知れませんね!


3H PAR 5 503Y ランク18  平均スコア 4.577  イーグル(3%) バーディ(45%) ボギー以上(7%)

クロスバンカー風のFWバンカーが印象的な、「距離が短いロングホール」です^^
FWは、ラフがほとんど無い位、両サイドの木立が迫っています。
特に左サイドは、木が密集していますので「OBゾーン」が設けられているか、仮に「OB」でなくても「アンプレアブル宣言」が避けられないような状況です^^;

このホールに於ける設計者の意図は明快で、4つ有る「FWバンカー」を越えるように「ドライバー」で打ちますか?
それとも安全に「FWバンカー」の手前に刻みますか? と選手に問いかけています^^;
もしドライバーを曲げてしまえば、即、トラブルに成りますし、安全に行けば距離を60ヤードはロスしてしまいます!!!

風や本人の順位次第ですが、この距離ですから安全に行っても2オンは可能ですから、ティーショットにロングアイアンを選択する選手が多いかも知れません!
ですが私は、遼くんの場合は、ここではドライバーを手にして欲しいと個人的に思っています☆

昨年度は、ピンポジが難しかったのでしょうか? 優勝スコアはー14ですが、2012年はー22、2011年がー23ですから、今回の優勝スコアもー20近くは想定しておく必要が有ります。
そう考えると「このホール程」、第1打の距離的アドバンテージが顕著なホールも有りませんから、確かにリスクは有りますが、500Yを越えるPAR4が珍しくない現在、このホールはバーディやイーグルを生み出す「お宝ホール」です♪

遼くんは今、ドラーバーが安定していますから、優勝争いをする為には、このホールも積極的に攻めて欲しいです☆
最も安全なFW右サイドのFWゾーンは、第2打が爪先上がりのライになりますが、グリーンの右サイドにはバンカーが有りませんから大丈夫だと思います!
昨年度、最も難度が低かったホールです!

遼くんは、どう云う選択をするでのでしょうか? とても楽しみですね^^


4H PAR 3 140Y ランク16  平均スコア 2.801  バーディ(27%) ボギー以上(7%)

このホールは、「KLGCC 西コース」の中では極端に「距離が短いショートホール」で、選手はショートアイアンでティーショットを打つ事になります。
視界も広く見渡せる、景観的にも美しいショートホールです☆
確かに、グリーンは横長くて奥行きが無いですし、写真では右から左に下っているように見えます!
そして、グリーンの手前に3つ、左サイドの奥に1つバンカーが配置されていますが、ホールガイドが云ってる程、選手が「クラブの番手」や「ショットの精度」を気にするホールでは有りません!

それはアマチュアのお話であって、ティーアップした最高のライから「ショートアイン」で打ちますから、ツアープロの場合、余程の強風でなければ縦の距離は必ず合います☆
ですから、方向性で気を付ける事は、ティーアップして「ショートアイン」で打った時に、プロでも左に引っ掛ける事が有る点くらいです!

このホールは、恐らく、全てのショートホールの中で、バーディ数が最も多いホールになる事でしょう!
勿論、アイアンショットが切れている遼くんは、ここでバーディを「遼産」する筈です!


5H PAR 5 518Y ランク17  平均スコア 4.679  イーグル(4%) バーディ(43%) ボギー以上(12%)

右サイドに横たわっている「池」が、グリーンの手前まで完全に食い込んでいる、やや打ち下ろしの「距離が短いロングホール」です!
このホールも、基本的に2オンを狙う選手が多いホールだと思います!

風次第と云う面も有りますが、FWが広めで有る事と、ドライバーで打つと丁度左右のFWバンカーを越しますが、「打ち下ろし」分を見込んでも左先の方に設けられているバンカーまでは届きませんから、ドライバーを選択する選手が多いでしょう^^

そして、ドライバーでFWを捉えたら、そこから距離的に「レイアップ」する気には流石になりませんから、2オンを狙わざるを得なくなります。

ホールガイドによれば、縦長のグリーンは広い範囲に起伏が有って(写真では奥から手前に下りの傾斜になっているようです)、ロングパットを難しくしているそうです^^;
更に、左サイドの細長いバンカーがとても効いていますね^^;

多分、トーナメントでは「池」に近い、グリーン手前右サイドの「鬼ピンポジ」に切ってくるでしょうから、池を避けて左のバンカーに捕まったら、プロでも次打は痺れるでしょう^^;
それを嫌って「安全な奥目」を狙えば、難しいロングパットが残ると云う、正に「鬼ポジ」です!
こうしたピンポジションを作れる設計にした所が、設計者の自慢したい所なんでしょうね☆

ところで、遼くんの場合は「バンカー職人」ですから心配はいりませんが、こうした奥が池で、しかも距離が有るバンカーショットはボギーを叩く可能性が高いです^^;
「方向性」はコントロール出来ますが、ちょっとした砂の取れ具合で飛距離が大きく違いますので、どうしても誤差を計算してしまいますからショートする事が多いからです!

最初からパー狙いなら簡単ですが、誰しもがバーディやイーグルを狙いますから、第2打に「方向」と「距離感」の正確性が同時に求められます!
この短いけれどスリリングなロングホールは、ホールランクが17では有りますが、距離の短さゆえに喜劇だけではなく、悲劇も生み出す事でしょう!


6H PAR 4 420Y ランク9  平均スコア 4.016  バーディ(15%) ボギー以上(16%)

5番ホールで悪魔に思えた「池」は、6番では選手は「天使」に思えるでしょう(笑)
この「池越え」の「距離が短いミドルホール」は、プロ選手に取って、その「池」は全く気にならないからです^^

ティーグラウンドからはほぼ正面に見える、FW右サイドのバンカーだけが第1打で気を付ける場所です!
そして、ドライバーでFWをキープ出来たら、残りはショートアイアンの距離になります。

FWの中に配置された右サイドグリーン手前のバンカーと、左サイドのバンカーだけが縦長のグリーンを守っています!
どちらも小さめのバンカーですから、このホールはピンをダイレクトに狙って行けます☆

ホールランクは9で、決して易しくはないのですが、如何にも、遼くんが得意そうなホールでは有ります!!!
恋!鯉! バーディ!!


7H PAR 4 386Y ランク12  平均スコア 3.946  バーディ(22%) ボギー以上(16%)

このホールは、視界が広く見渡せる上に、FWがかなり広いですから、ティーショットはとても打ち易そうなホールです。
何しろ、フロントナインのミドルホールの中で「最も距離が短い」ですから^^

右サイドに「池」が有りますが、カート道を越えた更に右ですから、「ごめんなさい! もう2度としません!」くらい大きく曲げない限り、「池」に入れてしまう危険性は有りません^^

従って、ティーショットの障害になるのは、左右に配置されたFWバンカーだけですが、プロ選手のドライバーの飛距離なら楽に越えて来ます。
グリーンの手前に大きなバンカーが有るので、ピンはその近くに切られる事が多くなるでしょう!
グリーン奥目にあるバンカーはどちらも小さいです^^

各選手は第2打をウェッジで狙う事になりますから、どう考えてもバーディが取れそうなホールに見えます!

ところが、こう云った「パーオンが易しい設計」のホールは、ほぼ例外なくグリーンが難しいのです^^;
このホールも例外ではなく、ホールガイドにはグリーンにが複雑なアンジュレーション(起伏)が有ると書かれています^^;
ですから、バーディとボギーの比率に、余り大きな差が無い訳ですね。

ですが、遼くんの場合、「スタッツ上」は「75-100ヤードの距離」からのアプローチを打って、残った距離の平均が1mですから、こうしたグリーンの起伏は関係が有りませんね^^
4日間共、バーディを狙いたいホールです!

8H PAR 3 203Y ランク6  平均スコア 3.061  バーディ(8%) ボギー以上(14%)

距離的には、普通の距離のショートホールで右手にビル群が見えたりして、シュールな雰囲気が有りますが、ホールレイアウト自体は極めてシンプルです。
ガードバンカーも、グリーンの右サイドの前後を固めているだけで、ホールガイドにも書かれているとおり、グリーンの左サイドは無防備な状態になっています^^
この距離ですと、ロングヒッターならミドルアインの距離ですから、或る程度の「スピンコントロール」も可能です!

それなのに、平均スコアが「3」を上回っているのは、昨年度はピンポジションが、グリーンの右サイドで難しかった事が挙げられるでしょう。
加えて、このような「ぼやーっ」とした感じのショートホールは、選手のテンションが高まらない傾向が有りますから、バーディが来そうで、案外、来ないホールなのかも知れません。


9H PAR 4 404Y ランク7T 平均スコア 4.058  バーディ(15%) ボギー以上(16%)

正面に、落ち着いたコーラル色が美しい、クラブハウスの屋根を見ながらプレイする「距離が短いミドルホール」です。

距離は短いのですが、第2打地点のFWが狭く、左サイドにFWバンカー、右サイドには「池」が迫っていますから、ティーショットのミスによってボギーにしてしまった選手が多いようです。
従って、ホールガイドはティーショットを約240ヤードくらいの地点に打って、左サイドにFWバンカー手前の「広いランディングエリア」を狙う事を推奨しています。

確かにその距離で、左サイドにFWバンカーを狙えば、右サイドの池が気になりませんし、残りの距離もショートアイアンで打てますから、こうした選択をする選手も多いと思います。

また、ホールガイドによれば、グリーンはかなりの起伏が存在し、ガードバンカーもグリーン両サイドに3つ配置されていますから、決して易しいホールでは有りませんね!

☆☆今季を終えて・・・☆☆

遼くん
今シーズンもお疲れさまでした。

昨シーズンはFedExCupランク・・141位
今季は現在72位。これってどれだけジャンプアップしたか・・・
小さな1歩なんかじゃなくて大きな大きな前進です。
遼くんはシード権を獲得して、山を登るところからの出発だったんだよ!!
世界のトッププロが競うPGAツアーの中でこの位置に来られたって誇りに思って欲しい。

確かに、その中で谷もあった・・もっと上まで行けそうな時もあった。遼くんが言うように、どの選手もシーズンを通して平坦な道はなく、時にイバラであったり、崖っぷちもある。
遼くん・・・谷はあったけれど中腹まで登ってこれた!!
これは底上げ出来たことであり・・自分を褒めてあげて欲しい。
自分を卑下することなんか何もない!!

もちろん、遼くんがもっと上を目指しているのは分かっている。
私達ファンも目指すところは一緒です。
でもね、遼くんが目指している山は大きくて高くて・・・駆け上がっても、受け入れては貰えない山であって・・・
選手それぞれ体力や蓄えもスピードも違う。遼くんには遼くんに合った歩み方で進んで行くしかないと思う。

満足出来ない・・もっと出来たはずと思う気持ちが次の目標に向かわせてくれます。
自分がやってきたことに自信をもって・・もっともっと力もつけて・・
来シーズンも山あり谷ありに違いないけれど、きっと頂上が見えるところまで行けるはず。

迷わずに、自分を信じて・・健康で、怪我のない来シーズンでありますように・・

みなさまも今シーズンのリアルタイム応援、コメントありがとうございました。
来シーズンは初優勝を目指して・・これからも応援よろしくお願い致します。

20140902130751638.jpg

★ドイツバンクチャンピオンシップ★

《フェデックスカッププレーオフ第2戦 》


【開催日】 2014年8月29日(金)〜9月1日(月)
【開催コース】 TPCボストン ( ノートン マサチューセッツ州 )
7216y Par 71
コースマップ&ホールバイホール
コースレイアウト( 空撮)
公式サイト
PGAツアー サイト

【スタート時間・組み合わせ】
ー1Rー12:52 PM # 1日本時間30日(土)01:52
Ryo Ishikawa / Phil Mickelson / Justin Hicks
ー2Rー08:32AM #10日本時間30日(土)21:32
Ryo Ishikawa / Phil Mickelson / Justin Hicks
ー3Rー日本時間
ー4Rー日本時間

20140826170430f3b.jpg


昨年のこの大会ではスヘンリック・ステンソンが最終日に「66」をマークしてトータル22アンダーとし逆転優勝を飾りました。そして年間王者となり、なんと日本円で約10億円を獲得しました♪
本当にアメリカンドリームですね!! 今年は誰の手に・・・・もちろん遼くんだってチャンスありですから、残る2戦に駒を進めてもらいましょう!!

遼くん、予選ラウンドは2007年の優勝者であるミケルソンと同組になりましたが、自分のゴルフに集中してスタートダッシュして欲しいですね☆

自信を持て!!
遼くんは強い!!


緊張なんか跳ね返せ〜 !




【結果】

ホール123456789out101112131415161718inTOTALRANK
Par453444534364344443453571
1R55264553338448544245407893
status11E2233322378887777
2R453345434353344543463671(E)91
status111EE1EEE-1-1-1-1EEEE17
3R                      
status                   
4R                      
status                   



スタッツ1R2R3R4RTOTALRANK
FWキープ率42.86%50.00%  46.43% 
DRAIVNG DISTANCE303.4279.1  291.3 
SAND SAVES50.00%100%  75% 
GIR(パーオン率)55.56%66.67%  61.11% 
STROKES GAINED TEE TO GREEN(ショット貢献度)※1-3.608 -0.175   -3.783  
STROKES GAINED PUTTING(パット貢献度)-3.252-0.086  -3.338 
STROKES GAINED TOTAL ※2-6.86-0.261  -7.121 
PUTTS PAR GIR1.81.833  1.818 
※1全選手の平均スコア数からSTROKES GAINED PUTTING(パット貢献度)値をひいたものがSTROKES GAINED TEE TO GREEN(ショット貢献度)になります。
※2全選手の平均スコア数から、何打プラスかもしくはマイナスかの平均スコア数です。



2014083012453724d.jpg



2014083012461536e.jpg



2014083110345135a.jpg



残念な結果ではありましたが、遼くんが2R後のインタビューの最後に結んだ

>今の状況ではなかなかいいものを自分にも期待するのは難しいし、もっと状態が上がってこないといけないと思います。

と、冷静に自分を受け入れた言葉・・・
いつも思うことですが、そうやって自分を追い込み、もっと上手くなりたいと思うことが遼くんを支えているんですね。

3戦に進めれば、それはそれでラッキーですが・・遼くんの思いはこの大会で上位に入って、堂々と3戦目に進みたいと思っていたに違いなく、予選通過が目的ではなく上位で戦う自分でいなければ・・と臨んだつもりだっと思います。

ところが体調不良による調整不足もあり、出遅れてしまった初日。そして2日目はどうしてもビックスコアが必須条件で、攻めたいけれど、無理は出来ないと葛藤もあったのでしょう。
結果イコールが遼くんの状態ではないはずです。良いショットも良いパットもありました。
どんな場面やどんな状況でも・・実力を発揮出来るか出来ないか・・遼くんが感じているレベルは、きっとその部分なんでしょうね。

もっと行けるのではと思わせてくれた先週のバークレイズ。
そして、打ちのめされた今週と・・・まだ一進一退を繰り返す時かも知れません。でも、確実に階段を上がっている遼くんです。

このプレーオフに初めて出場し、レギュラーのトーナメントとはまた違うものを経験し得たものは来シーズンに向けて、また財産になると思います。

誰の名言かは忘れてしまったんですが・・・
たゆまず、努力を続ける遼くんへ贈りたい言葉があります。

功を焦るな。
悲観するな。
もっと根を深く張るんだ。

根を深く張れ! !



★ ザ・バークレイズ 2★

コメント数が多くなっていますので、最終ラウンドの応援コメントからこちらにお願いします

【結果】

ホール123456789out101112131415161718inTOTALRANK
Par435444434353445434543671
1R424334534323444434543567T10
status-1-2-3-4-5-5-4-4-4EEE-1-1-1-1-1-1-4
2R344545424353545433653873(+2)T39
status-1E-1EE11EEE11111E12-2
3R425434525343444423643468(-3)T16
statusE-1-1-1-2-2-1-2-1-1-1-1-2-2-3-4-3-3-5
4R435335434343346434543670(-1)T19
statusEEE-1-2-1-1-1-1-1-2-2-1-1-1-1-1-1-6


スタッツ1R2R3R4RTOTALRANK
FWキープ率50.00%28.57%50.00%42.86%42.86%T69
DRAIVNG DISTANCE272.1289.4271.8268.9275.545
SAND SAVES-33.33%100.00%-50.00%T29
GIR(パーオン率)61.11%44.44%61.11%66.67%58.33%T65
STROKES GAINED PUTTING(パット貢献度)3.6610.8712.2440.6221.854
PUTTS PAR GIR1.5451.6251.4551.751.5952




20140824171911088.jpg


2014082417195746d.jpg


20140824172030bb8.jpg



201408251114562a2.jpg



昨年の入れ替え戦が終わり「精神的にきつかった・・・」と振り返っていた遼くん。
あの入れ替え戦での成績がなければ、この舞台には立てていなかったんだと、感慨深い思いにかられています。
プレーオフシリーズに出場出来るって1年を頑張ってきたからなんですよね。
つい、もっと上位に・・優勝を目指して・・・と期待も膨らみましたが、この厚いフィールドの中にいることだけでも喜ぶべきことなんだと改めて感じています。
そして一年前の経験が遼くんを強くさせ成長させて来たことを思えば、苦しかった時期を得たことは決して無駄ではなく、これからももっともっと強い石川遼となっていく予兆かなと思わせてくれました。

噛み合わなくてもスコアメイクに結びつけた遼くん、健闘しましたね。
何より4日間戦えたことは大きかったです。
ショートゲームやあの高低差のあるグリーン上でロングパットだったりスネークラインだったり、光っていました。
全てが噛み合うことが少ない中で、いかに調子の悪い部分を補っていけるかを証明してくれた4日間でもあったような気もしています。

2戦目も期待させる遼くんであって欲しいですね☆

★ ザ・バークレイズ★

《フェデックスカッププレーオフ第1戦 》


【開催日】2014年8月21日〜8月24日
【開催コース】リッジウッドCC (ニュージャージー州 パラマス)7319y Par 71
20140819114432f93.jpg
コースガイド 1
コースガイド 2
PGAツアーサイト
公式サイト
【フェデックスカッププレーオフシリーズ】
第1戦 ザ・バークレイズ 8/21~8/24
FedexCupポイント上位125名(ザ・ウィンダムチャンピオンシップ終了時点)
※遼くんは681p 75位からのスタート
第2戦 ドイツバンクチャンピオンシップ 8/28〜8/31
FedexCupポイント上位100名 (ザ・バークレイズ終了時点) 
♢第3戦 BMW チャンピオンシップ 9/4〜9/7
FedexCupポイント上位70名 (ドイツバンク終了時点)
♢最終戦 ザ・ツアーチャンピオンシップ byコカ・コーラ 9/11~9/14
FedexCupポイント上位30名 (BMW 終了時点)

※各試合とも優勝者のポイントは2500ポイント。
※第1戦と第2戦は2R終了時にCutされ、上位70名のみが3日目に進めます。

【スタート時間・組み合わせ】
ー1Rー7:20 AM #10日本時間21日20:20
Ryo Ishikawa / Robert Garrigus / Scott Stallings
ー2Rー12:00PM #1日本時間23日1:00
Ryo Ishikawa / Robert Garrigus / Scott Stallings
ー3Rー10:25 AM #1日本時間23日23:25
Morgan Hoffmann / Ryo Ishikawa
ー4Rー12:45 PM #1日本時間25日01:45
Ryo Ishikawa / Gary Woodland

初出場となるプレーオフシリーズが始まります。
プレーオフでは試合が進むごとに下位の選手が脱落していくサバイバルゲームと言われています。
遼くんは75位からのスタートですから、1戦目、2戦目でポイントを稼ぐかによって3戦目に進めるかどうかの位置にいます。

2010年にもリッジウッドCCで開催されましたが、その時の平均スコアは70.977(par71)で、3、13、17番ホールは特に難易度が高かったようです。この時はマット・クーチャーが12アンダーで優勝しています。

いつもと違う雰囲気で緊張もあるでしょうが、強い気持ちで臨んで欲しいです☆

最高のパフォーマンスを魅せてやれ〜 ! !


今週のランキング
《 2019年 》
WEEK 45
  • WR
    105位 Avg1.4937
    トータルP 65.72p
    今週のWR
    ツアートーナメント部門別データ(JGTO)
  • 2019年11月10日現在
    最新コメント
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    最新記事
    リンク
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    過去ログ

    2019年 11月 【2件】
    2019年 10月 【4件】
    2019年 09月 【5件】
    2019年 08月 【4件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 06月 【4件】
    2019年 04月 【2件】
    2019年 03月 【3件】
    2019年 02月 【1件】
    2019年 01月 【1件】
    2018年 12月 【5件】
    2018年 11月 【5件】
    2018年 10月 【4件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【2件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【2件】
    2018年 05月 【4件】
    2018年 04月 【3件】
    2018年 03月 【2件】
    2018年 01月 【4件】
    2017年 12月 【1件】
    2017年 11月 【4件】
    2017年 10月 【5件】
    2017年 09月 【7件】
    2017年 08月 【4件】
    2017年 07月 【4件】
    2017年 05月 【2件】
    2017年 04月 【3件】
    2017年 03月 【3件】
    2017年 02月 【3件】
    2017年 01月 【5件】
    2016年 12月 【2件】
    2016年 11月 【3件】
    2016年 10月 【6件】
    2016年 09月 【3件】
    2016年 08月 【3件】
    2016年 07月 【1件】
    2016年 06月 【1件】
    2016年 04月 【2件】
    2016年 03月 【3件】
    2016年 02月 【3件】
    2016年 01月 【3件】
    2015年 12月 【5件】
    2015年 11月 【5件】
    2015年 10月 【8件】
    2015年 09月 【7件】
    2015年 08月 【6件】
    2015年 07月 【8件】
    2015年 06月 【5件】
    2015年 05月 【6件】
    2015年 04月 【5件】
    2015年 03月 【7件】
    2015年 02月 【5件】
    2015年 01月 【4件】
    2014年 12月 【4件】
    2014年 11月 【4件】
    2014年 10月 【9件】
    2014年 09月 【7件】
    2014年 08月 【7件】
    2014年 07月 【5件】
    2014年 06月 【5件】
    2014年 05月 【8件】
    2014年 04月 【3件】
    2014年 03月 【6件】
    2014年 02月 【3件】
    2014年 01月 【6件】
    2013年 12月 【4件】
    2013年 11月 【6件】
    2013年 10月 【5件】
    2013年 09月 【8件】
    2013年 08月 【4件】
    2013年 07月 【7件】
    2013年 06月 【6件】
    2013年 05月 【5件】
    2013年 04月 【11件】
    2013年 03月 【11件】
    2013年 02月 【1件】