FC2ブログ

〜石川 遼選手を応援しています〜 悔しさを数えるたびに強くなれる! 夢が叶うその日のために… かすみそう

★「遼くんのメモ帳」★

『遼くんのメモ帳 メニュー』


【遼くんの足跡】こちらです。
1.アマチュア時代
2.国内ツアー 優勝履歴
3.PGAツアー トップ10

【過去の戦績】
2013年
こちらです。
2013-2014年こちらです
2014-2015年こちらです。
2015-2016年こちらです。
2016-2017年こちらです。
2018年    こちらです。


【夢への階段】こちらです。

1.マスターズ戦績
2.コースごとのスコア

【PGAツアーについて】こちらです。
1. シード権について
2. リランキングについて
3. フェデックスカップポイントについて
4. その他
◾️ルール
◾️スペシャルテンポラリーメンバー(STM)とは

【メジャー・プレーヤーズ・WGCについて】こちらです。
1 出場資格

【スタッツについて】こちらです。
1.スタッツとは
2.主なスタッツの意味

【オフィシャルワールドゴルフランキング(WR)について】
こちらです。
1.ワールドランキングの仕組み
2.今週のOWGR

「国内ツアー あれこれ」こちらです。

「プレジデンツカップ&オリンピック」こちらです。

★PGAツアーについて★

1.シード権について
(1) PGAツアーにおいてFedEXCupポイントの上位125位までの選手は自動的に来季のレギュラーシーズンのシード権(ツアーカード)が獲得出来ます。
※他のカテゴリーもあるのでプライオリティー・ランキングを参照

※前年10月のセーフウェイOPから翌年8月Wyndham Championshipまでのトーナメントでのポイントになります。

(2) フェデックスポイント126位~200位(ノンメンバーのそれに相当する選手をむ)と下部ツアー(ウェブドットコムツアー)の賞金ランク75位までの選手により、
「ウェブドットコムツアー ファイナル」(入れ替え戦)の4試合で上位50人までに与えられるシード権を目指して戦うことになります。
(ウェブドットコムツアー賞金ランク25位まではPGAツアーシード権を取得)

(3)ウェブドットコムツアー ファイナルの4試合で上位50人までに入れなかった選手はウェブドットコムツアーの出場権が与えられ、FedEXCupポイント200位以下はウェブドットコムツアー予選会からの挑戦になります。

トーナメント出場の優先順位(プライオリティー・ランキング2016ー2017)

関連記事

2. リランキング(優先順位の入れ替え)について
上記1-(2)でシード権を獲得した選手は*優先順位カテゴリー25番目となるため、優先順位上位の選手で大会の定員が満たされれば試合に出場することが出来ません。
同じカテゴリー25番目の選手であっても順位に応じて優先順位がつけられます。
 但し、*“リシャッフル”制度が適用されています。
リシャッフルとは? 
カテゴリー25番目の選手のみのFedEXCupポイントランキングにより約5試合から8試ごとに優先順位を入れ替える制度です。(2013-2014シーズンでは遼くんがこれに該当します)

 関連記事
 *優先順位カテゴリー

2013ー2014シーズンのカテゴリーでは
1番から8番…メジャー優勝者。WGC優勝者。フェデックスカップポイントチャンピオン。
9番…2年間の優勝者。
18番…フェデックスカップポイント125位までの選手
20番…ノンメンバーからシード権をとった松山君がいます。
22番…ウェブドットコムツアー賞金ランキング1位の選手。ウェブドットコムファイナルで賞金ランキング1位の選手
25番…ウェブドットコムファイナルで上位48名の選手(ここに遼くんが入っています)
29番…フェデックスカップ125位から150位の準シード選手
32番…優勝経験の資格で今田選手がいます。

 *リシャッフルリスト
注意
リシャフルリストの名前の前に※がついている場合・・・次戦の出場が決まっています。
#がついている場合・・・出場枠が埋まっているので空き待ち状態です。

3.フェデックスカップポイントについて

PGAツアーはシード権の対象が賞金ではなくFedEXCopポイントとなっています。
シーズン中に開催されるPGAツアー大会では、全て試合の成績によりフェデックスカップポイントが付与されます。10月のフライズドットコムオープンから翌年8月のウィンダム選手権までで、このフェデックスカップポイント獲得順位が125位以内だと翌年のPGAツアーのシード権が得られ、※The FedEXCup Playoffsに進むことが出来ます。
優勝者のポイント
①PGA TOUR公式戦・・・500P
②メジャー(マスターズ・全米オープン・全英オープン・全米プロゴルフ選手権)
 ザ・プレーヤーズ選手権・・・各600P
③World Golf Championship
(アクセンチュアマッチプレー・キャデラック・ブリヂストン・HSBC)・・・各550P
④ 追加試合(プエルトリコOP・リノタホOP)・・・各300P

 以下70位の1ポイントまで順位に応じたポイントがもらえます。
フェディックスカップポイント配分表

※The FedExCup Playoffs各試合の出場者
第1戦 The Barclays ポイント上位125名(The Wyndham Championship終了時点)
第2戦 Deutsche Bank Championship ポイント上位100名(The Barclays終了時点) 
第3戦 BMW Championship ポイント上位70名 (Deutsche Bank Championship終了時点)
第4戦 Tour Championship ポイント上位30名 (BMW Championship終了時点)
各試合とも優勝者のポイントは2500ポイント。第1戦と第2戦は2R終了時にCutされ、上位70名のみが3日目に進めます。

Playoffsで優勝すると、PGA TOURの賞金王と同じく5年間のPGA TOURシード権が手に入ります。
関連記事
フェデックスカップポイントランキング

4. その他
◼︎ルール
MDFとは(=Made cut Didn’t Finish、通称セカンド・カット)
 米国男子ツアーでは70位タイまでの予選通過人数に応じて、決勝ラウンドで再びのカットラインが設けられる。
(WGC、メジャーは除く)

PGAのレギュラートーナメントでは36ホールを終えた後に、上位70位タイまででカットする。もし78人を超える選手が通過したら、54ホール後に再度上位70位タイまででカットする。
(オルタネード試合は該当しない)

■スペシャルテンポラリーメンバー(STM)とは?
前年の賞金ランク150位の額を超えた時点でスペシャルテンポラリーメンバーというステータスが得られる。さらに言えば、その賞金額を超え、本人が1ヶ月以内に受諾後、申請を行ってはじめて正式メンバーとなる。このスペシャルテンポラリーメンバーは、メジャー大会、世界選手権、プレーオフシリーズ、招待試合を除く試合に出場が可能となる。しかしこのスペシャルテンポラリーメンバーになると、スポンサー推薦7試合という枠が外されて無制限に出場が可能となる。今シーズンが終了した時点で、賞金額が125位以内に入っていれば、正式なツアーメンバーとなり来季のシード権を獲得できる。


 ・USPGAのツアーメンバーになるには、ウェブドットコムツアーのQTに合格し、賞金ランク25位以内に入るか、ウェブドットコムツアーファイナルで獲得賞金50位以内にはいることが必要。
・PGAツアーでは、毎年予選トーナメントを行っており、上位の成績をとれば下部ツアーに当たるウェブドットコムツアーの翌年分の出場権をとれる。

Web.comツアー予選会(2014年)
①予備テスト
これは日本ツアーメンバーなら免除
②ファーストQT
・9月17日時点の日本賞金ランキング6位〜15位なら免除。
③セカンドQT
・9月17日時点の日本賞金ランキング5位以上なら免除。
・ファーストQT上位30位までの選手が進める。
④ファイルQT(6ラウンド)
・優勝者にはフル出場権、トップ10に入れば少なくとも3回目の入れ替えまで、45位以内に入れば2回目の入れ替えまでツアーカードが保証される。

・このWeb.comツアーでの賞金ランク上位25人は翌年のPGAツアーのシード権がとれる。
・暦年ベースで、PGAツアーで3勝すると、その年の残り試合と翌年のシード権をとれる「パフォーマンスプロモーション」と言う制度がある。

シード権保持者は来季の大会の予選はほぼ免除される。ただし、大会名に「invitationals」が付く、いくつかの試合の場合、予選免除の特典は前年の上位70人にのみ適用される。

▪️プロアマ戦の出場資格 (ゴルフダイジェストTV ゴルフ用語より抜粋)

プロツアーのプロアマは普通、予選が始まる日の前日(4日間トーナメントの場合は水曜日、3日間トーナメントの場合は木曜日)に行われるというのが慣例。参加できるプロ選手は、前週までの賞金ランキングの上位者か、前年の賞金ランキング上位者、あるいはスポンサーの推薦を得たものに限られる。出場資格があるのに特別な理由がなく参加を見送った場合には、罰金などのペナルティがある(参加するアマチュアは、ほぼ主催者・大会スポンサーの関係者に限られ、スポンサー側からすれば、プロアマは特別な顧客への接待という意味合いもあり、有名トッププロが安易に出場を辞退しないための措置)

■公傷制度について(メディカル エクステンション)
今週のランキング
《 2019年 》
WEEK 33
  • WR
    178位 Avg0.9210
    トータルP 38.68p
    今週のWR
    ツアートーナメント部門別データ(JGTO)
  • 2019年08月18日現在
    最新コメント
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    最新記事
    リンク
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    過去ログ

    2019年 08月 【2件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 06月 【4件】
    2019年 04月 【2件】
    2019年 03月 【3件】
    2019年 02月 【1件】
    2019年 01月 【1件】
    2018年 12月 【5件】
    2018年 11月 【5件】
    2018年 10月 【4件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【2件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【2件】
    2018年 05月 【4件】
    2018年 04月 【3件】
    2018年 03月 【2件】
    2018年 01月 【4件】
    2017年 12月 【1件】
    2017年 11月 【4件】
    2017年 10月 【5件】
    2017年 09月 【7件】
    2017年 08月 【4件】
    2017年 07月 【4件】
    2017年 05月 【2件】
    2017年 04月 【3件】
    2017年 03月 【3件】
    2017年 02月 【3件】
    2017年 01月 【5件】
    2016年 12月 【2件】
    2016年 11月 【3件】
    2016年 10月 【6件】
    2016年 09月 【3件】
    2016年 08月 【3件】
    2016年 07月 【1件】
    2016年 06月 【1件】
    2016年 04月 【2件】
    2016年 03月 【3件】
    2016年 02月 【3件】
    2016年 01月 【3件】
    2015年 12月 【5件】
    2015年 11月 【5件】
    2015年 10月 【8件】
    2015年 09月 【7件】
    2015年 08月 【6件】
    2015年 07月 【8件】
    2015年 06月 【5件】
    2015年 05月 【6件】
    2015年 04月 【5件】
    2015年 03月 【7件】
    2015年 02月 【5件】
    2015年 01月 【4件】
    2014年 12月 【4件】
    2014年 11月 【4件】
    2014年 10月 【9件】
    2014年 09月 【7件】
    2014年 08月 【7件】
    2014年 07月 【5件】
    2014年 06月 【5件】
    2014年 05月 【8件】
    2014年 04月 【3件】
    2014年 03月 【6件】
    2014年 02月 【3件】
    2014年 01月 【6件】
    2013年 12月 【4件】
    2013年 11月 【6件】
    2013年 10月 【5件】
    2013年 09月 【8件】
    2013年 08月 【4件】
    2013年 07月 【7件】
    2013年 06月 【6件】
    2013年 05月 【5件】
    2013年 04月 【11件】
    2013年 03月 【11件】
    2013年 02月 【1件】